脱毛する際の痛みとスキンケア

脱毛することで影響が懸念される「肌のトラブル」についても触れておこうと思います。

脱毛サロン等でレーザーなどを当てる事自体「非日常的な刺激」 を肌に 与えることになりますから、敏感肌の人などは特に「何らかの異変」があってもしかるべきなどと考えるのはごく普通のことで、そのために「脱毛自体」を躊躇してしまっている人も多いと思われます。

結論から言ってしまうと、全くないとは言い切れないものの「肌トラブル」についてはそれほど懸念しなくても良いかと思われます。

脱毛サロンと言うとレーザーを使ったマシン がメインだと思われていますが、現在大手の脱毛サロンの主流は「光脱毛」です。

レーザーで肌に直接照射する場合はピンポイントなので他の部位と「当てられた箇所」とに生じる熱温度差もあり、 微量ではありますがその刺激が「痛み」として感じられるケースがほとんどでした。

一昔前の脱毛マシンには、 「毛根」をレーザーで焼き尽くす事自体だけが目的とされ、今から考えると デリケートなことへの対処などは後回しにされているのではないかと思えるくらいの処置もあったと思われますが、年々「脱毛」施術をする人も増え、技術の向上も相まって 「脱毛」したことによって肌に与える「悪影響」はほとんど考えられなくなっています。

これは「対象となる」毛の根元にある「黒い部分」を照準にして 熱を加えることでムダ毛そのものを弱らせて行くと言う発送の脱毛方法 です。

脱毛サロンごとに使用しているマシン・施術方法も似て非なる システムであったりするので一概には言えませんが、通常「施術前」に対象部分の脱毛を促すジェルや クリームを塗って 「肌の保護」と同時に 保湿・うるおいなどの「スキンケア」を「脱毛施術」と合わせて可能なので女性にとっては嬉しいサービスと思えます。

肌に対するダメージという点では脱毛サロンでの脱毛では「痛み」 はほとんど気にならなレベルになっています。

このことも「脱毛サロン」を利用しようと思う 人が増加している事をフォローしている要因であるのではないでしょうか。

脱毛施術後の状態ですが、対象箇所には皮膚の中に脱毛による「熱」が残っている場合があるので、それを冷やす ことでほとんどのケースは後遺症などと言った不安は聞かれません。

また、脱毛サロンの多くはスキンケアを考慮して一定の間隔を施術間に設けてダメージ少ない肌状態を保とうとしてくれているので、 お肌のトラブルと言った事は心配のない脱毛ができることが今では一般的です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。